簡単キレイ!メイク落とし(クレンジング)の方法と美顔器スチーマー


簡単キレイ!メイク落とし(クレンジング)の方法と美顔器スチーマー


上手なクレンジング料の選び方

クレンジング料と洗顔料でダブル洗顔を行う目的は、クレンジング料ではメイクをはじめとする油性の汚れを落とし、洗顔料では汗やほこりなどの水性の汚れを落とすため。油性、水性、それぞれの汚れをしっかり落としてこそ、まっさらな肌に戻ることができるのです。クレンジング料はメイクの好みやシチュエーションに合わせて選び、肌のうるおいを守りつつもきちんとメイクを落としきることが大切です。

オイルタイプ

アイライナーやマスカラの重ねづけなどでしっかりメイクをする人には、オイルタイプのクレンジング料がおすすめ。キメや毛穴に入り込んだメイク汚れをしっかりと落とします。ウォータープルーフタイプのメイクの時は、専用のクレンジング料を使うことをお忘れなく。人によっては強すぎると感じたり、洗い上がりがつっぱることもあります。

リキッドタイプ

ウォーターベースでベタつかない使用感が魅力のリキッドタイプ。うるおいを残してクレンジングしたい大人の肌や、ナチュラルメイクの人にぴったりです。しっかりメイクは落としきれないことがあるため注意が必要です。

ジェルタイプ、クリームタイプ

なめらかにメイクをなじませて落とすクレンジング料なので、やさしい使い心地を求める人におすすめです。商品によっては、しっかりメイクには不向きの場合もあります。

洗顔料がいらないタイプ、クレンジングシートタイプ

簡単で便利なクレンジングの仕方ですが、どうしても毛穴の奥や肌のキメにメイクが残ってしまいがちです。時間がない時の臨時用として使うにとどめた方が無難だといえるでしょう。

スチーム美顔器でクレンジングする方法

どんなタイプのクレンジング料を使っても、肌をゴシゴシこすってしまったり、毛穴の奥まで落としきれなかったりすると、ニキビや肌荒れなどのトラブルの原因になります。毛穴の奥の汚れまできれいに落とせることで評判になっているスチームタイプの美顔器で、毛穴を開きながらディープクレンジングすることがおすすめです。

①メイクの上からジェルタイプまたはクリームタイプのクレンジング料を塗り、顔全体になじませます。
②お好みの時間、スチームを当てながらマッサージします。
③ぬるま湯で洗い流し、洗顔料でダブル洗顔します。


メイクがきれいに落ちていないと肌トラブルの原因になりかねませんが、実は上手に落としきれていない人が大半だという事実があります。自分に合ったクレンジング料選びを心がけ、併せて、スチームタイプの美顔器を使ったクレンジングを取り入れましょう。今話題の水素水がつくれるスチーマーなら、さらに肌にやさしく、クレンジング効果もバツグンです。



関連記事


ランキング


おすすめ記事