水素水で体臭対策が可能?体臭加齢臭への効果とは


水素水で体臭対策が可能?体臭・加齢臭への効果とは


体臭はなぜ起きる?

体臭の原因には病気による内臓疾患も考えられますが、それ以外、ほとんどの体臭の主な原因は汗です。
汗は、「エクリン腺」と「アポクリン腺」から排出されています。
もともと汗は無臭ですが、空気中の雑菌が繁殖することてニオイをもたらし、毛穴にある「皮脂腺」から排出された皮脂が汗と混じり合うことにより、ニオイがさらに強烈になるのです。
皮脂に含まれる「皮脂酸」は活性酸素によって酸化されると「過酸化脂質」に変化。
脂質の分泌が正常であれば、それほど強い体臭にはなりませんが、ストレスなどの環境要因により、活性酸素が過剰に発生すると酸化脂質の分泌が進み、古い油のような不快なニオイになってしまいます。

また、年齢を重ねるごとにニオイが強くなるとされている加齢臭は、「ノネナール」という物質が原因。
ノネナールは皮脂に含まれるパルミトレイン酸が酸化したものだとされています。
つまり、体臭を予防するためには、汗と皮脂の酸化を防ぐことが重要なのです。

水素水の体臭予防効果とは?

美肌や疲労回復効果で注目されている水素水は、体臭予防にも効果を発揮します。水素には活性酸素を除去する作用があるので、酸化が原因で発生する臭いに対して特に効果的です。
数ある抗酸化作用を持つ物質の中で、もっとも小さな元素である水素原子。
ヒトの体にも浸透しやすいため、効率的に酸化を防ぐことができる物質だと言えるでしょう。

飲んで体臭予防

水素水で体臭予防をするためには、日頃から水素水を補給し、体内の酸化を防ぐことが大切です。特にストレスが慢性化している人は、体内にも活性酸素が大量に発生している可能性があるので、水素水で抑えることがおすすめ。
朝目覚めた時、食後、お風呂上りなどの水分補給に、積極的に水素水を摂るようにしましょう。

付けて体臭予防

水素水は肌に付けることでも効果を発揮します。
ニオイが気になる部位を水素水で濡らしたタオルで拭いたり、肌にスプレーをしたりすることでも活性酸素を抑えることが可能。
全身のニオイが気になる場合は、水素発生器を使用した水素風呂もおすすめです。


水素水は汗や皮脂の酸化を防ぐことにより、イやなニオイを抑えることがわかりました。制汗剤は肌トラブルを招く原因になることが指摘されていたり、病院で処方される薬にも副作用のリスクがあったりと、必ずしも安全とは言えません。水素水の安全性の高さはさまざまな機関からのお墨付き。肌が弱い人でも使用できることが魅力のひとつです。全身にたっぷり使えるよう、水素水発生器を取り入れたいものですね。



関連記事


ランキング


おすすめ記事