ニキビ痕を消す最速方法!痕・シミを消すために今日からすべきこと


ニキビ痕を消す最速方法!痕・シミを消すために今日からすべきこと


ニキビ跡になってしまう原因

ニキビが治った後に跡が残るかどうかは、炎症の度合いによって決まります。白ニキビや黒ニキビなど、ニキビの初期段階で適切な対処を行い、悪化せずに治った場合は、肌はキレイな状態に戻ることがほとんど。
しかし、赤ニキビや膿、痛みを伴う重症化したニキビは、肌の奥深くまでダメージを受け、ターンオーバー機能が乱れた状態になっています。ダメージを受けた細胞の修復がうまくいかず、ニキビ跡として残りやすいのです。

そして、ニキビ跡の残り方にも、肌の表面にある毛細血管の拡張によるもの、ヘモグロビンによる色素沈着、メラニンによる色素沈着、真皮層の皮膚組織の破壊によるもの、過剰なコラーゲンや角質細胞の増殖によるものと、さまざまあります。

ニキビ痕が残るケースと残らないケース

青春時代には多くの人がニキビを経験しますが、比較的短期間できれいに治るケースと、長い間、ニキビ痕として残ってしまうケースがあります。ひどい場合には、肌がクレーター状のまま、一生を過ごすしかないことも。新陳代謝が年々鈍くなる大人のニキビともなると、ニキビ痕はより深刻です。
この違いはどうして起こるのか、調べてみました。

痕が残るかどうかは程度とケアによる

そもそもニキビは、毛穴に皮脂や古い角質などが詰まり、炎症を起こすことによって発生します。炎症の程度が低いとすぐに治まり、肌のターンオーバーによって痕も自然に消えてすっかり正常な皮膚に戻りますが、肌の奥深くまで炎症を起こしている場合、傷ついた肌組織が多くなるため、傷痕が残るようにニキビ痕も残ってしまいがちです。気になってついつい触ってしまうクセがある人や、油分の多い基礎化粧品などで毛穴を余計に詰まらせてしまう人も、炎症が悪化して同じような状態に。また、白く膿んでいると、膿を出した方が早く治るとしてムリにつぶしてしまう人がいますが、炎症自体は早く治っても、組織を傷つけてしまい痕が残りやすくなります。

さらに悪化すると肌がクレーター状に

ニキビの程度がひどく、角質層だけの問題ではなく、その奥の真皮層まで傷が及ぶと、自然に起こるターンオーバーだけでは肌組織の生まれ変わりが追い付かず、表面がデコボコしたクレーター状の肌として残ってしまいます。

ニキビ跡の予防と対策

ニキビ跡の予防

ニキビ跡を残さないようにするためには、まずニキビの炎症を悪化させないことが第一です。そして、健やかな肌環境を維持するためのスキンケアや食事、生活習慣に気を遣い、ニキビができにくい肌質を維持するようにしましょう。

ニキビ跡の対策

赤ら顔のように見えるニキビ跡の場合は、肌の修復を早めるための保湿ケアを行うことで改善する傾向にあります。茶色のシミのような色素沈着によるニキビ跡は、保湿に加えて美白ケアを取り入れると効果的です。
デコボコとクレーター状になっているニキビ跡は、肌の奥の真皮層までダメージを受けているため、元通りに治すには美容クリニックの力を借りる必要があるでしょう。

コラーゲン、ビタミンC誘導体、レチノールが含まれた化粧品でのケアで症状が緩和する場合もあります。ケロイド状のニキビ跡は、ステロイドやレーザー照射を使用した美容クリニックでの治療が有効です。肌のコンディションに合わせて、適切な方法を選びましょう。

ニキビ跡に美顔器スチーマーは効果的?

クレーター状やケロイド状のニキビ跡には、残念ながらスチーマータイプの美顔器では目覚ましい効果を発揮することはできません。しかし、スチーマータイプの美顔器は血行促進効果によって代謝機能を高めるため、年齢とともに乱れがちな肌のターンオーバー機能を正常化する効果には期待できます。
また、肌の乾燥を防いでバリア機能を高め、ダメージを受けにくい肌へと導く効果も。
美容成分の浸透力も高まるので、ニキビ跡対策に有効な成分を肌の奥へと届けることができます。

上でご紹介した赤ら顔のように見えるニキビ跡には効果的、茶色のシミのようなニキビ跡にも効果が期待できるといえるでしょう。美顔器スチーマーを使用した後には、上でご紹介したような成分の含まれた化粧品で保湿ケアを行いましょう。

できてしまったニキビ痕を消すためにできること

まず、ニキビができたら悪化しないようにすることが一番です。肌を清潔に保ち、専用の化粧品や医薬品でなるべく早く治すようにしましょう。それでも炎症が治まった後にニキビ痕が残ってしまった場合には、保湿と肌のターンオーバーをサポートするケアが有効です。ピーリング用の化粧品などで古い角質を取り除くケアを行えば、新しい細胞が生まれる手助けができるでしょう。スチームタイプの美顔器なら保湿と角質ケアの両方が行えるため、一石二鳥です。

まとめ

自分でできるニキビ痕ケアは、肌が赤みがかったり、黒ずんだりしているニキビ痕が対象です。クレーター状になるまでこじらせてしまうと自力で治すことは難しく、美容クリニックなどのプロの助けを借りるしか治す方法はないでしょう。年齢を重ねるほどターンオーバーのサイクルは乱れがちなので、大人ニキビには早めの対処がおすすめです。
水素水のスチームケアができる美顔器の場合、ニキビ痕だけではなく炎症のあるニキビを早く治すためにも有効だといわれています。



関連記事


ランキング


おすすめ記事

最新の記事一覧

  1. 1-H/CボーテフェイスⅤ

    2018.03.26 | 美顔器スチーマーの効果

    ヤーマンの「H/Cボーテ フェイスV」スチーマーと同時使用で効果UP♡
    「H/Cボーテ フェイスV」の特徴とは?「H/Cボーテ …
  2. 美顔器スチーマーは花粉症や鼻炎に効果あり?調べてみた!

    2018.03.26 | 美顔器スチーマーの効果

    美顔器スチーマーは花粉症や鼻炎に効果あり?調べてみた!
    花粉症や鼻炎の特徴とは?花粉症日本人の約25%がかか…
  3. スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの効果

    スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡
    肌が黒くなってしまう原因とは?紫外線による日焼け紫外…
  4. 角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの使い方

    角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法
    角栓ができる原因とは?角栓は主に鼻の頭にできるもので、…
  5. 乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡

    2018.01.24 | 美顔器スチーマーの使い方

    乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡
    乾燥肌になる原因乾燥肌には、冬の乾燥した空気が原因となる…