スチーマー美顔器はニキビに効果ある?ニキビ撃退のための使い方と効果


美顔器スチーマーはニキビに効果ある?ニキビ撃退のための使い方と効果


ニキビ肌にもオススメ!スチーマー美顔器

多くの人が抱える肌トラブルのひとつであるニキビ。思春期特有のニキビだけではなく、大人ニキビに悩まされている人も増えています。繰り返しできることが多く、なかなかきれいな肌に戻ることができずに困っているという人もいるのではないでしょうか。スチーマー美顔器はこんなニキビ肌の改善に非常に役立ちます。

ほとんどの場合、ニキビは毛穴に詰まった皮脂に雑菌が繁殖して発生します。スチーマー美顔器は温かく微細なスチームを肌に当てることで、毛穴を開いて皮脂汚れをスムーズに排出させることが特徴。もともと皮脂分泌が多い人でも、クレンジング、洗顔後のスチームケアを習慣にすることで雑菌の繁殖が防げるため、徐々にニキビができにくい肌に近づいていくことができるでしょう。スチームケアの後には、収れん効果のある化粧水など、ニキビ肌用のコスメでお手入れするのがおすすめです。

よくネット上で見かけるスチーマーを使いながらクレンジングする方法は、ニキビができている人にはNG。メイク汚れが毛穴の奥に入りこんでしまったり、刺激を与えてニキビを悪化させてしまう恐れがあるためです。洗顔後の清潔な肌に、決してこすらないようにしながらやさしくスチームを当てるのが正解。炎症や膿を持ったニキビができている時にはスチーマー美顔器を使用しないようにしましょう。

ニキビを改善するのに適した使い方

ニキビは主に、毛穴に詰まった皮脂に雑菌が繁殖して炎症を起こすことにより発生します。美顔器スチーマーの水蒸気は非常に粒子が細かく、程よい温かさであるため、毛穴を開いて奥に詰まった皮脂汚れをスムーズに排出させることが可能。雑菌の繁殖を防いで、ニキビができにくい肌を目指せます。ニキビがある時の美顔器スチーマーの使い方は、スチーマーを使いながらクレンジングするのではなく、クレンジング、洗顔後の清潔な肌に水蒸気を当てる方法。美顔器スチーマーに冷風や冷スチームの機能がついていれば、温スチームの後に冷風・冷スチームをあて、毛穴を引き締めるようにしましょう。スチームケアの後にはニキビ肌用のコスメでのお手入れがおすすめです。

また、「大人ニキビ」と呼ばれるのが、乾燥により肌のバリア機能が低下することに起因するニキビの一種。外的刺激から体を守るために、角質層が厚くなったり皮脂分泌が過剰になったりして毛穴がふさがりやすい状態を招き、炎症を起こしてしまいます。この大人ニキビにも、清潔な肌に水蒸気を当てる方法が最適。保湿とともに血行や余分な角質のターンオーバーが促され、バリア機能の改善に役立ちます。

ニキビを改善するのに適した使用頻度、タイミング

美顔器スチーマーは、肌の調子がいい時には毎日使用しても問題はありませんが、ニキビ肌は刺激を感じやすいので、念のため2、3日に1回の使用頻度にとどめておきましょう。ただし、水素水のスチームを発生させるタイプの場合は、水素水による鎮静効果が認められるため、毎日使用してニキビが改善したという口コミが多数あります。いずれにしても肌の様子を見ながら、そして使用する機種の取扱説明書に載っている使用頻度を参考にして使うようにしましょう。

タイミングは上の項目でご紹介したように、クレンジングと洗顔の後が適しているので、夜、お風呂上りのリラックスタイムに使用するのがベストでしょう。

スチーマー美顔器を使っているのにニキビが改善しない人の口コミ

スチーマータイプの美顔器は、「ニキビの改善にいい」という口コミがある一方で、少数ではありますが「ニキビが一向に改善しない」という人もいます。ニキビが改善しない人の口コミを見てみましょう。

ニキビにはスチーマーがいいと聞いて購入しました。クレンジングの時に使っていますが、全然良くなりません。もったいないことをしたと後悔しています

大人ニキビに悩まされています。スチーマーは刺激が少ないので悪化することはありませんが、かといって改善する兆しもありません……

スチーマー美顔器を使っているのにニキビが改善しない人の特徴

スチーマーは蒸気で毛穴を開き、ニキビの原因になる汚れを落としやすくします。これがニキビの改善に有効なお手入れ方法であることは多くの人が認めるところです。スチーマーを使っているにもかかわらずニキビが改善しないという人は間違った方法でお手入れを行っている可能性があるので、使い方を見直してみましょう。

メイクを落とさずに使用している

スチーマーは必ずダブル洗顔でメイクを落としてから使いましょう。そうしないとメイク汚れが再び毛穴の奥に入り込んでしまう可能性があります。

過度なスチーマーの使用

スチーマーはニキビの改善に効果的なスキンケアですが、長時間スチームを浴び続けるような過度な使用は、肌への負担を大きくします。特にニキビの炎症が悪化している時はとても肌が敏感になっているので、刺激になるようなお手入れは控えましょう。

ニキビの出来にくい肌を作るために心がけるべきこと

ニキビが出来にくい肌とは、①皮脂の分泌量が適正、②角質のターンオーバーが正常、③適度な水分量を保っている、この3つを満たした肌だといえます。まず食生活と生活習慣を改善することは、この3つすべてに役立つでしょう。食生活では高脂肪分の食材や脂っこいメニューは皮脂の過剰分泌につながるため、あまり食べ過ぎないようにすること。そして1日3食、野菜を中心にバランスのいい食事を心がけること。生活習慣では早寝早起きを心がけ、睡眠時間をたっぷり取ること。適度な運動を取り入れ、ストレスを溜めないように心がけることも大切です。

洗顔料はよく泡立てて

ニキビの原因の第1位は皮脂や古い角質が毛穴に詰まることなので、普段から毛穴を詰まらせないケアが大切です。だからといって洗顔をし過ぎると肌に負担がかかります。肌を清潔に保つことは大切ですが、健やかな肌を維持するために必要なうるおいや角質まで洗い流してしまうと、肌のバリア機能が低下し、余計に肌荒れの原因に。洗顔料をよく泡立てて、肌に刺激を与えないようにしながら洗いましょう。

保湿ケアを十分に

思春期のニキビとは違って、大人のニキビはうるおい不足により悪化するケースがあります。スチーマーで蒸気を肌に当てると水分量がアップしてうるおいますが、これはあくまでも一時的な保湿効果。
スチームケアが終わった瞬間から、時間の経過とともに水分蒸発が進んでいきます。そのまま放置せずに、スチームケアの後には化粧水や美容液、乳液、クリームを使った保湿ケアをしっかり行いましょう。肌のうるおいがキープされ、ニキビの悪化を防ぐことができます。

スキンケアでは、朝晩2回、なるべく肌に負担をかけないようにやさしく洗顔することで肌を清潔に保つこと。ニキビ肌専用コスメや美顔器スチーマーでのお手入れをプラスするとなおいいでしょう。

ニキビあとの改善にも役立つ

ニキビ肌の人は、なかなか治らないニキビあとにもお悩みでしょう。スチーマー美顔器はニキビあとの改善にも有効です。スチームで肌が温められ、血行が促進すると肌のターンオーバーも促されます。すると、ニキビあとの色素沈着を含んだ古い角質もはがれ落ちやすくなるため、スピーディーにあとが消えることが期待できるのです。

スチームケアの後は美容成分の浸透度がアップしているため、美白化粧品を使うのにぴったりのタイミング。とはいえ、美白化粧品には保湿にも配慮した商品が多く、相性が悪いとニキビを悪化させてしまうことも考えられます。心配な人はニキビ用のコスメを使い、ニキビあとの部分だけにスポットで使える美白美容液をプラスするのがおすすめです。


ニキビはストレスが原因で増えたり、悪化したりすることもあります。温かいスチームに包まれる心地よさは、ストレス解消やリフレッシュにも効果的。よりニキビを早く治すことに貢献できるでしょう。水素水を生成してスチームケアができる美顔器なら、水素がニキビを悪化させる一因になる余分な活性水素を取り除くため、効果も倍増。ネット上にも、ニキビが改善したというクチコミがたくさん掲載されています。



関連記事


ランキング


おすすめ記事

最新の記事一覧

  1. スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの効果

    スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡
    肌が黒くなってしまう原因とは?紫外線による日焼け紫外…
  2. 角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの使い方

    角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法
    角栓ができる原因とは?角栓は主に鼻の頭にできるもので、…
  3. 乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡

    2018.01.24 | 美顔器スチーマーの使い方

    乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡
    乾燥肌になる原因乾燥肌には、冬の乾燥した空気が原因となる…
  4. 美顔器とスチーマーを使用するときのスキンケアの正しい順番は?

    2017.12.28 | 美顔器スチーマーの使い方

    美顔器とスチーマーを使用するときのスキンケアの正しい順番は?
    美顔器とスチーマーの合わせ使いのしかたメイクをし…
  5. 小鼻の「黒ずみ」どうすればいい?除去する方法と予防法をお教えします!

    2017.12.28 | 美顔器スチーマーの効果

    小鼻の「黒ずみ」どうすればいい?除去する方法と予防法をお教えします!
    小鼻の黒ずみの原因とは?主な小鼻の黒ずみ原因として考え…