0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s


美顔器の注意点やデメリットとは


使い方を間違えたら大変!

家庭用美顔器は、普通の化粧品によるスキンケアだけでは得ることが難しいような高い効果を目指して開発されています。その分、使い方を間違えるとかえって肌に負担をかけたり、トラブルの原因になってしまうこともあるのです。

超音波美顔器でジェルを使わないと…

超音波タイプの美顔器は振動を肌へ伝えるため、ジェルなどの化粧品を併用する必要があります。使い方を間違えてジェルを使用しなかった場合、超音波の効果を得ることができないばかりではなく、すべりが悪いため摩擦で肌を傷めてしまうこともあります。

金属アレルギーの人が使うと…

家庭用美顔器のヘッドは多くの場合、金属が使用されています。こうした機器には取扱説明書に、金属にアレルギーがある人は使用しないように、との注意が書かれています。また、併用する化粧品の中にも金属成分が入っているものがあるので、アレルギーのある人はよく調べてから購入しましょう。中には金メッキが施されるなど、アレルギーに配慮した機種も市販されています。

メイクを落とさずにイオン導入美顔器を使うと…

肌の奥まで美容成分を届けるのがメリットのイオン導入タイプの美顔器ですが、誤ってメイクを落とさずに使用すると、肌の中にメイクの成分が入ってしまい、炎症や色素沈着の原因になることがあります。ほかにも、併用するジェルなどに、合成添加物や肌の奥まで届けるのにふさわしくない成分が入っていることもあるので、なるべくメーカー推奨の化粧品を使うようにしましょう。

その他の注意したいこと

必ず取扱説明書に従う

上の項目でお話ししたように、正しい使い方をしなければ後々後悔することになりかねません。必ず取扱説明書をよく読んで、適切な使用方法や使用時間を守りましょう。

消耗品を考慮する

超音波タイプの美顔器ならジェルなどの化粧品、EMSタイプの美顔器ならジェルパッドなど、消耗品が必要な機種もたくさんあります。いくら本体価格が安くても、消耗品が高ければ気軽に続けられないというデメリットもあるため、消耗品についてもしっかり考慮してから購入するようにしましょう。


自分の肌質や目的に合った美顔器を選ぶこと、きちんと使い方を守ることが、家庭用美顔器の鉄則です。万が一、肌に合わなかったり違和感があったりした時には、直ちに使用を中止して、メーカーや医師に相談することが大切です。インターネット通信販売などで購入する場合は特に、信頼できるメーカーが販売している商品なのかどうかも、しっかりチェックするように心がけたいものですね。



関連記事


ランキング


おすすめ記事

最新の記事一覧

  1. 美顔器スチーマーとオイルのW使いで、角栓や黒ずみを退治!

    2017.07.26 | 美顔器スチーマーの使い方

    美顔器スチーマーとオイルのW使いで、角栓や黒ずみを退治!
    角栓や黒ずみができる理由普段、洗顔やクレンジングをし…
  2. 水素水におけるpH 値って、どのくらいがいいの?

    2017.07.26 | 美顔器スチーマーと水素水の豆知識

    水素水におけるpH 値って、どのくらいがいいの?
    そもそもpH値って何?水素水を購入する時に、どの商品を選…
  3. 水素バーって知ってる?効果はどうなの?

    2017.07.26 | 美顔器スチーマーと水素水の豆知識

    水素バーって知ってる?効果はどうなの?
    水素バーとはどんなところ?水素水がブームになってから数年…
  4. 水素水を飲み過ぎても大丈夫?副作用はあるの?

    2017.07.26 | 美顔器スチーマーの効果

    水素水を飲み過ぎても大丈夫?副作用はあるの?
    水素水を飲み過ぎるとどうなるかまず副作用については、…
  5. 水素水を持ち運びたい!アルミ容器がおすすめって本当?

    2017.07.26 | 美顔器スチーマーの使い方

    水素水を持ち運びたい!アルミ容器がおすすめって本当?
    水素水の保存性はどのくらい?水素水サーバーや水素水生…