水素水を持ち運びたい!アルミ容器がおすすめって本当?


水素水を持ち運びたい!アルミ容器がおすすめって本当?


水素水の保存性はどのくらい?

水素水サーバーや水素水生成器で作った水素水をマイボトルなどに入れて持ち運ぶことができたら便利ですが、水素は空気に触れるとどんどん抜けてしまい、美容や健康への効果も得られなくなってしまいます。
水素水をグラスに注いだ状態を100%として、そのまま6時間置いた場合、水素の量は40%以下に減少。マイボトルに注いで口をきつく締めたとしても、大幅な残量アップは望めないでしょう。
なるべく空気に触れないように密閉しておき、数時間のうちに飲み切るようにすることが大切です。

生成器を使わずに市販の水素水を飲む場合は、容器の特徴に着目して選ぶようにしましょう。
市販品は主に、ペットボトル、アルミボトル、アルミパウチの3種類の容器に密閉して販売されています。

市販の水素水の主な保存容器

ペットボトル

容器にコストがかからない分、市販する水素水の価格も安めに設定されていますが、最小の分子である水素はペットボトルの素材をすり抜けてしまい、充填してから1日あまりで水素濃度が0%近くにまで減るといわれています。
数年前まではペットボトル入りの水素水が店頭に並んでいましたが、水素濃度に期待できないことが明らかになって以来、ほとんど見かけなくなりました。

アルミボトル

ペットボトルに比べるとアルミボトルは水素が抜けにくいことがわかっていますが、どうしても充填時に空気が入ってしまうため、水素が保てるのは1~2日程度だといわれています。
コンビニやドラッグストアなどで買うことを考えると、とても2日以内に飲むことは難しいでしょう。
また、飲んだ時にアルミの味がするのが気になるという意見もあります。

アルミパウチ

最も長期保存が可能なアルミパウチ入りの場合、メーカーや商品にもよりますが、6カ月ほど保存できるものが多いようです。
口をつける部分がプラスチック素材なので、アルミの味が気になることはまずありません。
容器自体にコストがかかるため、ペットボトルやアルミボトルに比べて販売価格が高くなってしまうというデメリットもあります。

まとめ

アルミパウチ入りはほぼ空気が入らない状態で密閉できるため、現在、水素水の容器として主流になっています。でも、日が経つほどに水素が抜けてしまうという事実もあるので、しっかりと水素水の効果を得るためには、一家に1台、水素水生成器を取り入れるのが望ましいでしょう。2台目として外出用のハンディタイプの生成器をそろえ、いつでも高濃度な水素水を飲めるようにするのがベストな方法です。



関連記事


ランキング


おすすめ記事

最新の記事一覧

  1. スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの効果

    スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡
    肌が黒くなってしまう原因とは?紫外線による日焼け紫外…
  2. 角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの使い方

    角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法
    角栓ができる原因とは?角栓は主に鼻の頭にできるもので、…
  3. 乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡

    2018.01.24 | 美顔器スチーマーの使い方

    乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡
    乾燥肌になる原因乾燥肌には、冬の乾燥した空気が原因となる…
  4. 美顔器とスチーマーを使用するときのスキンケアの正しい順番は?

    2017.12.28 | 美顔器スチーマーの使い方

    美顔器とスチーマーを使用するときのスキンケアの正しい順番は?
    美顔器とスチーマーの合わせ使いのしかたメイクをし…
  5. 小鼻の「黒ずみ」どうすればいい?除去する方法と予防法をお教えします!

    2017.12.28 | 美顔器スチーマーの効果

    小鼻の「黒ずみ」どうすればいい?除去する方法と予防法をお教えします!
    小鼻の黒ずみの原因とは?主な小鼻の黒ずみ原因として考え…