様々な保湿対策と美顔器スチーマーの保湿効果


様々な保湿対策と美顔器スチーマーの保湿効果


効果的な保湿の方法とは?

乾燥肌を防ぐお手入れ

肌表面にあるわずか0.02mmほどの角質層が、肌の水分を保ち、トラブルを防ぐバリア機能をもっています。角質層が傷つくとバリア機能が弱まり肌は乾燥してしまうため、まずは肌を傷つけないお手入れをすることが肝心です。

  • ・メイクをしている時は必ずダブル洗顔をしましょう。
  • ・熱すぎるお湯で顔を洗うのは禁物。適温は34度前後です。
  • ・タオルでふきとる時は、こすらずにやさしく押さえるようにしましょう。
  • ・洗顔後は、なるべく早く化粧水でお手入れを。

保湿の新常識

化粧水だけ、クリームだけでは保湿は不十分だということをご存じでしょうか?いくらたっぷり化粧水をつけても、水分なのでどんどん蒸発してしまい、その際に肌の水分まで奪ってしまうことも。メイクの上から使えるスプレー式の化粧水や、携帯タイプのスチーマーにも要注意です。

クリームは昔から「油分でフタをして水分の蒸発を防ぐ」といわれてきましたが、最近の研究では油分と保湿はあまり関係がないことがわかっています。クリームの本当の役割は肌を保護することであり、保湿に大切なのは水分を維持する力、「保水力」なのです。化粧水や美容液でヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの保水力が高い水溶性の保湿成分を朝晩しっかり補うことが、もっとも基本的な保湿の方法になります。

美顔器スチーマーの保湿効果とは?

美顔器スチーマーは、粒子の細かい水蒸気を肌にあてることによってフェイシャルケアができるものですが、効率よく肌にうるおいを与えることができるのが最大のメリットです。次のような働きにより、保湿に効果を発揮します。

  • ・肌のすみずみまで水分を届け、乾燥による小ジワを目立たなくする
  • ・新陳代謝や血行をアップさせ、ハリや弾力、肌のうるおいバランスを保てるようにする
  • ・毛穴を開いて奥まで汚れを落とすため、その後のスキンケアの効果が高まる

美顔器スチーマーにより肌の土台が整うことで、前の項でお話ししたような化粧水や美容液のヒアルロン酸をはじめとする保湿成分の浸透を助けることができます。美顔器スチーマーと保湿成分は、しっとりみずみずしい肌に最適な組み合わせのひとつだといえるでしょう。


せっかくの保湿成分も、肌の土台が整っていないとその効果を発揮することができません。スキンケアの効果を上げる美顔器スチーマーは、ぜひ毎日のお手入れに取り入れたいものですね。近年、飲んでも肌につけてもいいと評判が高い水素水がつくれるスチーマーも登場しています。水道水よりもさらに肌への浸透力が高いのでおすすめですよ!



関連記事


ランキング


おすすめ記事