透明感のある肌がほしい!透明美肌のつくりかた


透明感のある肌がほしい!透明美肌のつくりかた


肌のキメを整える

キメが整っていないと、小さな無数の影ができることによって、透明感とはほど遠いくすんだ肌に。
まずは肌のキメを整えることが第一です。
キメというのは、肌表面の皮丘と皮丘で形成されている細かな溝のこと。
これが整っている肌は、光が乱反射をせず一定の方向に反射するため、くすみのないなめらかな肌に見せることができるのです。

肌のキメが乱れてしまう原因は、「乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」。
しっかりと保湿ケアと角質ケアを行って肌のサイクルであるターンオーバー機能を整え、細胞の生まれ変わりを促進させることが大切です。

保湿ケア

保湿力が高いタイプの化粧品を使い、毎日のスキンケアで充分な保湿を行うことを習慣化させて肌の乾燥を防ぎましょう。
化粧水で水分を、美容液で栄養を与え、乳液やクリームでうるおいをキープさせます。

また、肌の水分量を高めるスペシャルケアとしてはスチーマータイプの美顔器がおすすめ。
特に、アンチエイジングで話題を集めている「水素水」を生成して顔や髪のケアができる機種が注目株です。
細かな水蒸気と水素の浸透力で肌をうるおすことに加え、その後に使用する化粧品に含まれる美容成分の効果をアップさせることもできます。

角質ケア

紫外線や加齢などの影響で肌の代謝が低下し、肌サイクルが乱れると、古くなった角質が蓄積され、余計に肌サイクルをさまたげてしまいます。
週に1回程度のピーリングやゴマージュなどの角質ケアを行うことで、古い角質をキレイに取り除きましょう。

紫外線の影響から守る

シミ・ソバカスの最大の原因は紫外線。
紫外線を浴びるとメラニンが過剰に生成され、色素沈着を引き起こします。
いくらキメを整えても、どんどん降り注ぐ紫外線の影響を防がなければ意味がありません。
紫外線は、夏だけではなく冬も降り注いでいるので、一年間を通してのUVケアが必要です。

また、美白効果のある化粧品や、美白成分であるビタミンC誘導体を導入できる美顔器の使用も効果的。
最近ではサプリメントで美白ケアができる商品も市販されているので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。


「透明感がある」といわれる肌の条件には、水分量が多く弾力があること、シミやソバカス、くすみがないことなどが挙げられます。今回は透明感がある肌を手に入れるために今すぐ実践できる、「肌のキメを整えること」と「紫外線の影響から守ること」の実践方法をご紹介しました。化粧品や美顔器の力を借りて、“明るい美白肌”を目指しましょう!



関連記事


ランキング


おすすめ記事

最新の記事一覧

  1. スチーマはいつから使う?時期の目安と1年の乾燥度の変化

    2017.10.26 | 美顔器スチーマーの使い方

    スチーマはいつから使う?時期の目安と1年の乾燥度の変化
    秋から春先にかけては1年の中で湿度が低い時期東京都の…
  2. ニキビ痕を消す最速方法!痕・シミを消すために今日からすべきこと

    2017.10.26 | 美顔器スチーマーの効果

    ニキビ痕を消す最速方法!痕・シミを消すために今日からすべきこと
    ニキビ痕が残るケースと残らないケース青春時代には多く…
  3. 悪影響多すぎ!乾燥が肌に与えるダメージとデメリットまとめ

    2017.10.26 | 美顔器スチーマーの効果

    悪影響多すぎ!乾燥が肌に与えるダメージとデメリットまとめ
    あらゆる肌トラブルに「乾燥」がかかわっている!乾燥肌…
  4. ピーリング美顔器ってどう?ヤーマンの「サークルピーリングプロ」効果と評判を調査!

    2017.09.28 | 美顔器スチーマーの比較と口コミ

    ピーリング美顔器ってどう?ヤーマンの「サークルピーリングプロ」効果と評判を調査!
    サークルピーリングプロの特徴と効果【特徴1】 毛穴汚れを…
  5. 開いた毛穴を閉じるには?キュッと毛穴を引き締める方法

    2017.09.28 | 美顔器スチーマーの使い方

    開いた毛穴を閉じるには?キュッと毛穴を引き締める方法
    美顔器の使用後に毛穴引き締めは必須イオン導入式、超音波式…