desert-1270345_640


夏なのに肌が乾燥するのはなぜ。。。原因と対策まとめ


夏なのに肌が乾燥してしまう・・・。そんな場合の原因と対策をまとめました。

夏ならではの気候

強い紫外線

夏の強力な紫外線は肌を乾燥させます。特にUVAと呼ばれる真皮層まで届く紫外線は、肌の弾力を保つ成分を破壊し、ハリのないシワっぽい肌をつくる原因に。さらに、夏は紫外線対策のためにSPF値の高い日焼け止めを使いがちですが、値が高いほど多く含まれている紫外線吸収剤も肌を乾燥させます。通勤や買いもの程度の外出時には、紫外線散乱剤を使用した肌に優しい日焼け止めを使うなどの工夫が大切です。

夏ならではの生活習慣

洗顔のしすぎ

ベタつきが気になって、夏は何度も洗顔してしまうという人は多いでしょう。洗いすぎは肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、1日に何度も洗顔するのはNG。ほかの季節と同様に、朝晩2回の洗顔で充分です。

汗をかいて保湿因子が落ちる

私たちの肌には保湿因子と呼ばれる成分があり、肌のうるおいを保つ役割を果たしています。でも、この成分は水に溶ける性質があるため、汗をたくさんかくと流れ落ちてしまうのです。タオルで汗をふいた後に、肌が乾燥したように感じるのはこのため。汗をふいたら乳液やクリームなどで保湿するようにしましょう。

クーラーの効きすぎ

汗をかいた後に、クーラーの効いた室内にたどりつくとホッとしますが、クーラーで冷やされた空気は汗で保湿因子が落ちた肌からさらに水分を奪っていきます。1日中、クーラーの効いた室内ですごす人は、日中も保湿を欠かさないようにしてください。

お風呂で洗いすぎ

顔だけではなく、腕や脚なども紫外線でダメージを受けることが多い夏には、入浴をする時にも注意が必要です。ナイロンタオルでゴシゴシ体を洗うと肌にさらなるダメージを与え、うるおいまで流してしまうためNG。コットンや麻など天然素材のアイテムを選ぶといいでしょう。お風呂のお湯は38~40度くらいのぬるめに設定し、刺激を少なくすることもポイントです。

保湿に手を抜く

夏は保湿効果の低いさっぱりタイプの化粧品を使ったり、クリームを省略したりといった、保湿に手を抜いたお手入れをしがち。上でご紹介したように、夏にも乾燥の要因がたくさんあるので、しっかりと保湿ケアを行うことが大切です。


汗や皮脂で肌がベタつきがちな夏には、乾燥とは無縁のように思えても、実は肌を乾燥させる要因がたくさんあるのです。紫外線対策を工夫し、夏にやりがちな生活習慣を改めて、保湿を心がけるようにしましょう。美顔器では、スチーマータイプのもので肌を奥からうるおすことがおすすめ。顔だけではなく、髪やデコルテまで保湿ケアができます。



関連記事


ランキング


おすすめ記事

最新の記事一覧

  1. スチーマはいつから使う?時期の目安と1年の乾燥度の変化

    2017.10.26 | 美顔器スチーマーの使い方

    スチーマはいつから使う?時期の目安と1年の乾燥度の変化
    秋から春先にかけては1年の中で湿度が低い時期東京都の…
  2. ニキビ痕を消す最速方法!痕・シミを消すために今日からすべきこと

    2017.10.26 | 美顔器スチーマーの効果

    ニキビ痕を消す最速方法!痕・シミを消すために今日からすべきこと
    ニキビ痕が残るケースと残らないケース青春時代には多く…
  3. 悪影響多すぎ!乾燥が肌に与えるダメージとデメリットまとめ

    2017.10.26 | 美顔器スチーマーの効果

    悪影響多すぎ!乾燥が肌に与えるダメージとデメリットまとめ
    あらゆる肌トラブルに「乾燥」がかかわっている!乾燥肌…
  4. ピーリング美顔器ってどう?ヤーマンの「サークルピーリングプロ」効果と評判を調査!

    2017.09.28 | 美顔器スチーマーの比較と口コミ

    ピーリング美顔器ってどう?ヤーマンの「サークルピーリングプロ」効果と評判を調査!
    サークルピーリングプロの特徴と効果【特徴1】 毛穴汚れを…
  5. 開いた毛穴を閉じるには?キュッと毛穴を引き締める方法

    2017.09.28 | 美顔器スチーマーの使い方

    開いた毛穴を閉じるには?キュッと毛穴を引き締める方法
    美顔器の使用後に毛穴引き締めは必須イオン導入式、超音波式…