すっぴん美肌を作る!スチーマーを使った「ディープクレンジング」って?


すっぴん美肌を作る!美顔器スチーマーを使った「ディープクレンジング」って?


すっぴん美肌の特徴

すっぴんでも肌がキレイな人に共通するのは、シミ、シワ、肌荒れなどの肌トラブルがなく、肌のキメが整っていることです。肌のキメが整っている状態は、水分と油分のバランスが保たれ、新陳代謝が活発に行われていてこそ。肌のゴワつき、カサつき、くすみが気になるのは、代謝が低下し、肌サイクルが乱れているサインなので、健やかな肌環境を目指しましょう。

透明感のある素肌へ導くディープクレンジング

ディープクレンジングとは、普段のクレンジング料や洗顔料によるケアだけではなく、毛穴の奥に詰まった皮脂や汚れまでオフするスペシャルケアを指します。透明感のある美肌に欠かせないのは与えるケアだけではなく、いらないものをしっかり落として美肌の土台を作ること。これを怠ると、どんなに素晴らしい美容成分であっても肌にはうまく浸透しないのです。クリアな肌をキープするためには、月に1~2回程度、ディープクレンジングを行うようにしましょう。

市販のピーリングやゴマージュ、スクラブ剤をはじめ、フェイスパックなどでも毛穴の大掃除をすることはできますが、もっとも肌にやさしく、保湿効果が高いおすすめの方法はスチーマータイプの美顔器を使ったディープクレンジング。皮脂や汚れのほかに古くなった不要な角質も落としやすくなるため、洗い流した後はいつもより透明感のアップした肌が実感できるはずです。

普通の洗顔とディープクレンジングの違い

普段の洗顔といえば、クレンジング料でメイクを落として、洗顔料で顔を洗うというものですが、人によってはダブル洗顔がいらないタイプのクレンジング&洗顔料を使っていることもあるでしょう。きちんと毎日お手入れをしているようでも、毛穴の中にはメイクのカスや、皮脂汚れがたまっているもの。普段の洗顔の仕方では落としきることができず、肌トラブルを招いてしまうこともあります。そこで役立つのがディープクレンジング。毛穴の奥の汚れはもちろん、古くなった角質までしっかり落とすためのものです。

スチーマーによるディープクレンジングの方法

スチーマータイプの美顔器を使ったディープクレンジングの方法は2種類あります。両方のやり方を試してみて、肌に合うほうを選ぶといいでしょう。どちらの場合も、洗顔後はしっかりとすすぎ、肌から水分が蒸発しないうちに化粧水や美容液などで保湿することが大切。ディープクレンジングの後は美容成分が浸透しやすい状態になっているため、ローションパックやフェイスマスクなどのスペシャルケアをプラスするのもおすすめです。

ディープクレンジングの代表的なやり方

  1. 普通のクレンジングと洗顔を行います。
  2. 再度、クレンジングオイルやクリームなどをつけて、肌をマッサージします。
  3. スチームタイプの美顔器でスチームを肌にあてる、もしくは蒸しタオルを顔にのせるなどにより肌を温めて、毛穴を開くとともに皮膚を柔らかくします。
  4. ぬるま湯で洗い流し、基礎化粧品でお手入れします。

クレンジングしながら行う方法

  1. スチームを当てながら、クレンジング料を顔に伸ばします。
  2. 指の腹でくるくる円を描くように顔をマッサージして、メイクとクレンジング料をなじませます。力を入れすぎないように注意。
  3. 汚れが浮き上がったら、スチームを止めてぬるま湯でしっかりと洗い流します。
  4. 洗顔料で洗顔します。

クレンジングを終えてから行う方法

  1. 普段通りにクレンジング料を使ってメイクを落とします。ふき取るタイプの場合はふき取りを終えた状態、洗い流すタイプの場合はすすぎまで終えてください。
  2. スチーマーを5分程度あてます。
  3. 洗顔料で洗顔します。

ディープクレンジングのメリット

  • 毛穴の奥の汚れを落とすことで、毛穴の黒ずみや毛穴の開きを改善し、目立ちにくくします。
  • 年齢とともにたまりやすくなる古い角質を落とすことで、肌のターンオーバーを正常に近づけます。血行が良くなり、くすみやクマなどを和らげて若々しい肌に。
  • 肌をきれいに保つことで、美容成分が浸透しやすい肌に整えます。

美顔器スチーマーでディープクレンジングを行う時の注意点

ディープクレンジングを手軽に行える方法が、スチームタイプの美顔器を使うことです。普段は保湿のために使うスチーマーですが、月に1、2回を目安にディープクレンジングを行うといいでしょう。その際には、次の点に注意しましょう。

月に3回以上は行わない

クレンジング料は少なからず肌に負担を与えるものです。クレンジング料を長時間、肌につけた状態で行うディープクレンジングは月に1、2回までにとどめておきましょう。回数が多すぎると、肌の乾燥を招いたり、赤みの原因になったりすることがあります。

肌にやさしいクレンジング料を選ぶ

普段メイクを落とす時には、メイクとのなじみの良さや、しっかりメイクを落とすことができるかどうかでクレンジング料を選ぶ人が多いでしょう。オイル、クリーム、リキッド、泡と、さまざまなタイプから好みのものを選んで差し支えありません。ただし、ディープクレンジングに使うクレンジング料には、長時間肌の上にとどめておくことができるオイルタイプかクリームタイプが適しています。普段使用しているものとは別のタイプを用意した方がいい場合もあるでしょう。

蒸しタオルによるディープクレンジング

蒸しタオルを使ったディープクレンジングには、スチーマータイプの美顔器と同様に、通常のクレンジングでは落としきれない古い角質や毛穴汚れを落とす効果があります。やり方は簡単。
ダブル洗顔の後に蒸しタオルや電子レンジで程良く加熱したタオルを肌に乗せ、蒸気で温めてから、再びクレンジングクリームやクレンジングオイルを使いましょう。マッサージをして肌に馴染ませていくと、毛穴に詰まっている汚れが徐々に浮き上がってきます。その後、ぬるま湯で優しく洗い流せば、黒ずみのない透明感のある肌に仕上がるでしょう。

すっぴん美肌を作るための生活習慣

紫外線対策

シミやシワの原因になる紫外線は、すっぴん美肌の天敵です。日焼け止めや日傘などを使った紫外線対策を習慣化させ、紫外線による肌ダメージを防ぎましょう。

保湿ケア

肌の乾燥はシワやたるみといった肌老化につながるので、しっかりと保湿ケアを行い、肌のうるおいをキープしましょう。

入浴

お風呂はシャワーで済ませてしまうという人も多いのですが、湯船にゆっくりと浸かって入浴をすることにより、体の冷えが解消されるとともに血行が促進されます。代謝がアップするので、肌のくすみ解消に効果的です。美肌効果や温め効果のある入浴剤を利用するのもおすすめです。

質のいい睡眠

睡眠中は代謝を高めるホルモンが分泌されて、肌細胞が新しく生まれ変わる大切な時間です。睡眠不足は肌荒れの原因にもなるので、しっかりと質のいい睡眠を取るように心がけましょう。

食事

食生活の乱れは肌に現れます。抗酸化作用を持つビタミンC、代謝を促すビタミンE、細胞の生成を促すビタミンAなど、美肌力を高める栄養成分を積極的に補るのがおすすめです。また、体の中に老廃物が蓄積すると肌荒れが起きやすくなるので、食物繊維やカリウムを含む食材でデトックスして、体の内側からキレイを目指しましょう。

肌を休ませる

メイクは思いのほか肌に負担をかけています。休日、出かける予定がない日には、メイクをせずに肌を休ませましょう。肌に負担を与えない時間を意識的に作ることで、素肌力が高まります。


肌をまっさらな状態にリセットするために欠かせないディープクレンジングですが、月に1〜2回程度のケアで充分。頻繁に行いすぎると乾燥肌やシミ・シワの原因になる可能性があるため注意が必要です。スチーマータイプの美顔器の中には水素水を生成して美肌ケアができる機種も市販されています。より肌にやさしく、みずみずしい透明肌を目指すことができるので、注目してみてはいかがでしょうか?



関連記事


ランキング


おすすめ記事

最新の記事一覧

  1. 1-H/CボーテフェイスⅤ

    2018.03.26 | 美顔器スチーマーの効果

    ヤーマンの「H/Cボーテ フェイスV」スチーマーと同時使用で効果UP♡
    「H/Cボーテ フェイスV」の特徴とは?「H/Cボーテ …
  2. 美顔器スチーマーは花粉症や鼻炎に効果あり?調べてみた!

    2018.03.26 | 美顔器スチーマーの効果

    美顔器スチーマーは花粉症や鼻炎に効果あり?調べてみた!
    花粉症や鼻炎の特徴とは?花粉症日本人の約25%がかか…
  3. スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの効果

    スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡
    肌が黒くなってしまう原因とは?紫外線による日焼け紫外…
  4. 角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの使い方

    角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法
    角栓ができる原因とは?角栓は主に鼻の頭にできるもので、…
  5. 乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡

    2018.01.24 | 美顔器スチーマーの使い方

    乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡
    乾燥肌になる原因乾燥肌には、冬の乾燥した空気が原因となる…