水素水におけるpH 値って、どのくらいがいいの?


水素水におけるpH 値って、どのくらいがいいの?


そもそもpH値って何?

水素水を購入する時に、どの商品を選べばいいかを考える基準のひとつとして、「pH値」があります。
「pH」の読みは、計量法上では英語読みの「ピーエッチ」が正しいのですが、一般的にはドイツ語読みの「ペーハー」が使われることが多いようです。
日本語では「pH」は「水素イオン指数」や「水素イオン濃度指数」といわれますが、簡単にいうと、水溶液の中の水素イオンを測定して酸性かアルカリ性かを示す値のこと。
pH7が中性に定められ、数字が小さくなるほど酸性が強く、大きくなるほどアルカリ性が強くなります。酸性はすっぱく、アルカリ性は苦いことも特徴のひとつです。

水素水に適したpH値とは?

水素水を飲む目的は、過剰な活性酸素を取り除いて、なるべく体をサビさせたり老化させたりしないため。サビや老化は言い換えると「酸化」にあたるので、理論上ではpH値が高い水素水ほど抗酸化作用が高く、体をアルカリ性に近づけて健康が保てる、ということになります。
でも実際には、強いアルカリ性は皮膚を溶かしてしまうため、pH値が高いほどいいというわけではありません。また、アルカリ性は苦くて飲みにくいという問題もあります。

こうしたことから、市販の水素水はおおむね中性に近く、厚生労働省が定めている飲料水の基準であるpH5.8~8.6の範囲内に収まっていることがほとんど。
逆に言えば、この基準値内であることが安全に飲める水素水だということになります。
基準値の範囲中で、よりpH値が高いもの、つまり、よりアルカリ性に近いものが最も効果を期待できる水素水だといえるでしょう。

市販のアルミパウチに入った水素水は、ほとんどが水に水素分子を直接溶かした製法であり、pH値は中性です。
これに対して電気分解で作った水素水の場合は、電極上に水酸化物イオンが発生し、アルカリ性に傾くという特徴があります。
電気分解を利用した水素水サーバーや水素水生成器などを用いることで、より理想的なpH値の水素水を飲むことができるというわけです。

まとめ

水素水サーバーや水素水生成器で、pH値が高すぎる水素水が作られるのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、メーカー側で厚生労働省の基準値内に収まる水素水を生成できるように製品



関連記事


ランキング


おすすめ記事

最新の記事一覧

  1. スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの効果

    スチーマーで美白になれる?スチーマーの保湿効果で白い肌に♡
    肌が黒くなってしまう原因とは?紫外線による日焼け紫外…
  2. 角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法

    2018.02.22 | 美顔器スチーマーの使い方

    角栓を除去するのは逆効果?角栓の正しい予防法
    角栓ができる原因とは?角栓は主に鼻の頭にできるもので、…
  3. 乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡

    2018.01.24 | 美顔器スチーマーの使い方

    乾燥肌には美顔器スチーマーが最適!冬でもツヤツヤ潤い肌♡
    乾燥肌になる原因乾燥肌には、冬の乾燥した空気が原因となる…
  4. 美顔器とスチーマーを使用するときのスキンケアの正しい順番は?

    2017.12.28 | 美顔器スチーマーの使い方

    美顔器とスチーマーを使用するときのスキンケアの正しい順番は?
    美顔器とスチーマーの合わせ使いのしかたメイクをし…
  5. 小鼻の「黒ずみ」どうすればいい?除去する方法と予防法をお教えします!

    2017.12.28 | 美顔器スチーマーの効果

    小鼻の「黒ずみ」どうすればいい?除去する方法と予防法をお教えします!
    小鼻の黒ずみの原因とは?主な小鼻の黒ずみ原因として考え…