エステサロンと美顔器、どっちが良い?


エステサロンと美顔器スチーマー、どっちがおすすめ?比較してみた


エステサロンのフェイシャルケアのメリット

プロ用の美顔器

家庭用と比べるとエステサロンのプロ用機器の方が得られる効果も高く、専門知識と技術を持ったエステティシャンでなければ扱うことができません。定期的に通える人なら、エステでフェイシャルケアを受けるのがもっとも早く目標に到達できる方法だといえるでしょう。

/h3>コースの選択肢が多い

人それぞれに肌質が異なり、悩みの原因や対処法も違います。多数のお客さんを相手にしているエステティシャンは、豊富な知識と経験から、その人に合ったコースやオプションの施術メニューを選び出す専門家。体調や肌質の変化にも柔軟に対応してくれます。

美顔器以外のメリットも

横になっているだけの楽さもさることながら、ハンドテクニックによるマッサージや、プロ用の高級化粧品による効果はエステならでは。食事や生活習慣のアドバイスも加わり、体の中からも美肌を目指せます。これらの相乗効果で、いち早く結果に結びつけることができるのです。

家庭用美顔器のメリット

費用が安くて済む

家庭用の美顔器には、水蒸気を発生させて保湿を行うスチーマータイプ、微弱な電流で美容成分を奥まで届けるイオン導入タイプ、肌の代謝を促進してシミを防ぐレーザータイプ、音波振動で引き締める超音波タイプ、電気を使わずにマッサージができるローラータイプ、EMSや高周波の筋肉運動でリフトアップを目指す電気刺激タイプ、そのほかたくさんの機器が存在しています。

ほとんどの機器が2万円台に収まり、高機能のものでもせいぜい5、6万円ほど。消耗品が必要な機器もありますが、エステに通うことを考えればかなりのコストダウンが可能です。

押し売りの心配がない

エステの問題点に挙げられることが多いのが、新しいコースやオプションの施術、化粧品の購入をすすめられること。中には押しが強かったりしつこかったりするエステティシャンもいて、断るのに一苦労することもあります。その点、家庭用機器なら何の気兼ねもなく、自由に使えるのが大きなメリットです。

使用頻度を自分で選べる

毎日でも週に1回でも、自分の気が向いた時にケアできるのが家庭用のいいところ。たまにエステに通うより、毎日家庭用機器でケアした方が高い効果が望めることもあります。

——————————————————————–

家庭用の美顔器は、もともとエステサロンで使われていたプロ用の美容機器を、誰でも使えるように安全な出力、小さいサイズにアレンジしたものがほとんどです。1回の施術の効果の高さはエステには叶いませんが、こまめにケアできる人なら家庭用の方が断然リーズナブル。例えば飲用にも使える水素水を作れるスチーマータイプなど、家庭用ならではの高機能の機器にも注目が集まっています。



関連記事


ランキング


おすすめ記事